仏壇が安い…激安・格安なら【いい仏壇】がお勧めです!

品質が良くて安い仏壇を探す“お勧めの方法”は【いい仏壇】

品質が良くて安い仏壇を探す “お勧めの方法” をご紹介します。

仏壇の基礎知識

■仏壇とは?

仏壇は仏教における本尊様を安置する須弥壇に由来する家庭用の祭壇です。

各宗旨宗派の総本山寺院や、大本山寺院の本尊様が安置されている仏堂を模した造りとなっているだけでなく、扉が寺院の山門を表している祭壇になります。

仏壇内部には、本尊様や本尊様の教えを補佐する役割を担っている脇侍と共に、先祖供養の為の位牌を祀っています。

そして、故人の戒名や俗名などを記したノートタイプの過去帳や掛け軸タイプの法名軸なども祀られています。


■仏壇の歴史

歴史を見てみますと、日本国内では大化の改新で知られる中大兄皇子の弟に当たる天武天皇が、家毎に仏様の礼拝供養させる詔を発した事から、毎月27日が「仏壇の日」になっています。

天武天皇が法隆寺に建立させた「玉虫厨子」が仏壇の起源と言われているのです。

また仏壇の原型は、仏教成立初期に土をうず高く盛った聖域とされていますが、鎌倉時代には儒教に由来する位牌が安置されるようになり、室町時代に浄土真宗の蓮如上人によって一般信者の間に広く広められ、現在に至っています。


■仏壇の役割

仏壇は各宗旨宗派の仏教世界の中心に存在する、神聖な須弥壇を形取った仏堂を模して製作されています。

仏教として自宅に設置する事で、菩提寺や墓地を訪れる事なく、仏様に毎日何時でも礼拝供養する事が出来るのです。

また仏様に礼拝供養すると共に、亡くなった先祖様に対しても礼拝供養する事が出来る、神聖な場としての役割も果たします。

その為、従来は位牌がない結婚による独立や、新屋分けなどの際にも設置され、どこの家庭にもある神聖な場所であります。


■仏壇の種類

古来から日本に根差して来た「伝統型」と。洋風住宅にも違和感無く溶け込む事が出来る「モダン・家具調型」に大きく分けられ、他に神徒壇や神棚など神道の祭壇も存在します。

伝統型は、浄土真宗本願寺派や真宗大谷派などで多く用いられている金箔や銀箔を施した煌びやかな「金仏壇」と、曹洞宗や臨済宗及び天台宗など多くの宗旨宗派で用いられている黒檀や紫檀など材質の風合いを活かした落ち着いた雰囲気の「唐木仏壇」の2種類に大きく分けられています。


【モダン・家具調仏壇】

モダン・家具調仏壇は和室を間取りから除外する事の多い、現代の住宅事情に適応している種類と言えます。

サイズやデザインが豊富な事から、大都市圏のマンションや建売住宅で増加しています。

その為、従来の紫檀や黒檀では無く洋風家具にも馴染む「ウォールナット」や「マホガニー」などの世界三大銘木を用いた製品もありますし、色も白なんかが登場しています。

家具とセットになったユニットタイプや、住宅の壁にはめ込むタイプに加え、設置が容易な壁掛けタイプや女性でも組み立てが簡単な持ち運び出来るポータブルタイプなどのシリーズが人気となっています。


【唐木仏壇】

唐木仏壇は曹洞宗や臨済宗など、多くの宗旨宗派で用いられている事でも知られています。

重硬かつ木目の美しい黒檀や紫檀などの東南アジア原産の材質に加え、年輪が密な島桑や寺社仏閣の建築に用いられる欅などの国内の銘木が用いられています。

黒檀や紫檀は、古くから用いられてきた一般的な材質ですが、近年では非常に高額である事から総無垢の製品は少なくなっています。

その代わり、厚さ0.2mm程度にスライスした薄い銘木を張り合わせた安い突板張り材を用いたものが主流となっています。


【金仏壇】

金仏壇は各宗旨宗派の大本山寺院の荘厳、かつ煌びやかな仏堂内部を再現する為、天然漆を塗った檜や欅などの白木に、金箔や金粉を用いた蒔絵や精巧な彫刻を施している家庭用の祭壇です。

金箔や天然漆を用いている製品は、非常に高価です。

そのため、天然漆の代わりの化学塗料や蒔絵の代わりのシルクスクリーン印刷など安価な手法も今では導入されています。

欄間や柱飾りなどの彫刻は、海外に発注をしたり、プラスチック部品が用いたりすることで、価格を抑えた安い仏壇も数多く製造されています。


【神徒壇】

神徒壇は人間の体に宿る「肉体を司る神」と「心を司る神」のうち、子孫を見守る為に家に残る祖霊を祀る祭壇です。

祖霊を移した御霊代を納めて祀る事から祖霊舎とも呼ばれています。

神徒壇は一般的な家庭では桧材や欅材などの素地を活かした白木造りが主流です。

天袋やタンスの上部に設置するコンパクトな上置型に加え、床の間の床脇棚に設置する地袋付型や床に直置きする台付き型などの種類があります。

また同様に、様々なサイズのモダン・家具調の神徒壇も増加傾向です。


【神棚】

神棚は自宅や会社などで天照大御神を中心とする、日本古来の神道の神を祀る為の祭壇です。

大きく分けて、扉が1つの一社宮と扉が3つの三社宮の2種類に分かれます。

三社宮には、屋根最上部に横たわる棟木が一直線の「通し屋根三社」と3つの扉毎に棟木が横たわる「屋根違い三社」があります。

また、棟木が一直線の三社に枠が施されている箱型高欄宮や、扉に十字の飾りが施された唐戸通し屋根三社などもあります。

一社宮は、角のように突き出す千木が無いタイプが一般的ですが、伊勢神宮の様に千木が突き出している中神明があります。


■仏壇のサイズ

仏壇のサイズは上置きタイプや台付きタイプなど形状によって、表記の仕方が異なる事が多く、号や尺及び代で表示されています。

上置き型は約3cmを1号とするサイズ表記が主流で、16号は約48cmとなっています。

台付きタイプは、号を基準として「高さ-横幅」と表記する場合と、約30cmを基準とする尺寸法で横幅を表記する場合があり、統一されていないのが現状です。

金仏壇は三幅の掛け軸の掛ける事を基準とする代で表記される事が多く、50代なら高さ150cm×幅75cm×奥行55cmとなっています。


【重ね型(地袋置き用)】

重ね型(地袋置き用)は和室の床の間の脇に造作された違い棚の下の戸棚に設置するタイプです。

直置きタイプに比べて、縦寸法が制限される事から収納スペースが少ないのが特徴ですが、位牌を設置する内部の広さは直置きタイプと同様です。

重ね型(地袋置き用)は、地袋棚の上に設置する事から100cm~120cm程度が精一杯であり、横幅は16号に相当する32cm~30号に相当する90.5cmの半間タイプが人気となっています。


【重ね型(直置き用)】

重ね型(直置き用)は床の間脇の専用スペースやフローリングなどに直接安置可能な事から安置場所を選ばない特徴があります。

床から天井までスペースを使用出来る事から、引き出しや地袋戸の付いた下台が付帯しています。

重ね型(直置き用)は、高さ122cmの40尺~高さ171cmの57尺や180cm前後の大型サイズが一般的です。

畳だけで無くフローリングにも安置する事から、14号のスリムな洋服ダンスタイプや40尺の猫足タイプなどのコンパクトシリーズも人気です。


【上置き型】

上置き型はタンスや和室の天袋などに安置される事から、高さ49cm×幅32cm×奥行26cmの16号~高さ86cm×幅72cm×奥行50cmの28号が人気のサイズです。

内部は本尊台と須弥壇及び下段の3段造りとなっています。

上置き型は、重ね型の直置きや地袋置きに比べて洋室に安置される事が多いです。

ウォールナットやマホガニーなど輸入材が用いられるだけで無く、カラフルな蒔絵を施すモダンなデザインの仏壇も増加傾向です。


【ミニサイズ】

ミニサイズは容易に移動可能なコンパクトサイズなのが特徴で、最近ではさらに小さくなった「ミニミニ仏壇」も登場しています。

安い価格設定が、バブル経済崩壊以降の不況とスペースを確保し難い日本の住宅事情に適しているとされ、特に横幅約36cmの12号~横幅約48cmの16号が人気です。

ミニサイズの仏壇は、金箔や天然漆及び高級木材などの使用量が少ない事から低価格であり、小さくても高級感を感じる事が出来ます。

また、コンパクトサイズなので、汚れに気付いた時に短時間で清掃出来る点も考慮され、白といった色も人気となっています。


【その他(壁掛けタイプなど)】

現在では、個々の宗教観や住宅事情が変化した事で供養する人の仏壇に対する考え方も多様化しています。

そのため、壁掛けタイプや収納し易いBOXタイプ及び移動し易いお盆タイプも人気です。

壁掛けタイプは、奥行10cm程度の薄型の観音開きのボックスに位牌などを安置する祭壇ですが、現在ではスイッチを入れると位牌が現れる壁掛けの鏡もあります。

お盆タイプは、お盆にスタンド式の遺影や香炉など最低限の仏具だけを載せ、BOXタイプはお盆タイプに箱を蓋の様に被せられます。


■仏壇の置き方・向き

東面西座る説や南面北座説に加え、本山中心説や春夏秋冬説など複数あるのが現状です。

東面西座説は、仏教の生まれたインドの古くからの慣習や西方浄土の教義に従って西を向いて拝礼する事から東向きに安置します。

南面北座説は、皇族や貴族が北に座る中国の古い慣習に従って御本尊様や先祖様を北に安置し、供養する人は南側に座ります。

本山中心説は、自分が信仰する宗旨宗派の総本山の方角に安置し、仏壇の向こうに総本山を見て祈る置き方です。


■仏壇の値段と品質

使用する木材や漆の種類や品質だけで無く使用する金箔や漆の量で大きく異なります。

特に金箔は、純度の高い五毛色と純度の低い1号色では品質と値段に大きな開きがあります。

また、漆の重ね塗りの回数など、完成までにどれだけの手間をかけたかによっても大きく異なります。

手間を省く為に集成材や化学塗料などを使用する事で、安い値段の仏壇を製造する事も可能です。

更に、プラスチックやシルクスクリーン印刷の装飾部品を使用する事で更に安い値段設定が可能となっています。

品質が良くて安い仏壇を探すお勧めの方法は『いい仏壇』!

仏壇は各宗旨宗派で異なるだけでなく、多種多様な材質の組み合わせで製造されているので、見極めが非常に難しいです。

そのため、品質が良くて安い仏壇を探す簡単な方法としては『いい仏壇』というサイトを利用することをお勧めします。

このサイトは、紹介フォームに必要事項を入力するだけで全国8,000件以上の店舗から皆さんが探しているピッタリの仏壇店を紹介してくれます。

また種類や予算額などからも探す事が出来るようにもなっています。

カテゴリー別に複数の特集が組まれているので、購入する際の比較検討にも大変便利です。


■『いい仏壇』とは?

『いい仏壇』は東京都中央区に本社を置く東証1部上場企業「鎌倉新書」のポータルサイトであり、日本最大級の葬祭会社情報検索サイトになっています。

「鎌倉新書」は、浄土真宗本願寺派入門聖典や法名戒名大事典など葬儀や仏事を専門に取り扱う出版会社として1984年に創業しました。

いわば葬儀や仏事に関する情報をたくさん持っていて、他にも『いい葬儀』や『いいお墓』、また『遺産相続なび』や『遺品整理なび』など、葬儀や供養関連のサイトを複数運営しています。


■『いい仏壇』を利用するメリット

購入時の仏壇の相場や選定基準などの不安だけで無く、自分達に適した仏壇の種類や各宗旨宗派の供養方法などの疑問を解決してくれるといった点が挙げられます。

また必要事項を入力するだけで自分達に最も適した仏壇店の紹介が可能になっています。

それから、寺院から紹介された業者との価格やサービスの比較も簡単です。

紹介された店舗を実際に利用した人のリアルな口コミも確認する事が出来るので、購入時の不安を払拭してくれるはずです。


■『いい仏壇』の効果的な利用方法!

購入時に利用出来るお得なクーポンを利用しない手はありません。

その仕組みはクーポンを提示して購入すると、後日アンケートが届きます。

それに答えるだけで、デパートや百貨店などで使用可能なギフトカードをプレゼントしてくれるのです。

プレゼントされるギフトカードも購入金額に応じて最大30万円分ですので、これは絶対見逃せない金額ではないでしょうか。

『いい仏壇』は上場企業企業が運営する信頼性の高いサイトです。

葬儀や仏事の専門出版会社らしく、様々なお役立ち特集が組まれています。

これから仏壇・仏具の購入をご検討中の方は、何はともあれチェックしておいてください。

【いい仏壇】の評判…見逃せない悪い口コミはこれっ!


■LINK■